見える化エンジン、新機能「反響分析」を搭載 マス広告・キャンペーンの費用対効果や購買決定因子の定量化を支援

プラスアルファ・コンサルティングは主力サービスである顧客体験フィードバックシステム「見える化エンジン」に、マーケティング施策の広告効果を見える化する“反響分析”を新機能として実装しました。

2月のバージョンアップにて搭載された本機能はテレビCMやキャンペーンなど、定量化が難しい投資対効果(ROI)や購買決定要因(KBF)の把握のための大きな武器としてマーケティング部門、広報部門、調査部門をサポートします。


反響分析アウトプット例


これまでは、反響の数値をTwitter上から主に時系列、ハッシュタグツイートの量などで確認することが主となり、生活者の意識、態度、購買プロセスの変遷までは追うことが難しいとされていました。

実現する際には既知の話題や俯瞰分析結果を参考にして、ユーザが分類条件を設定し集計、テキストマイニングの流れを必要とするため、手間がネックとなっていました。

新機能“反響分析”では「カスタマージャーニー」を軸とした、「反響分析テンプレート」を実装。

反響の対象となる商品、キャラクター、広告の人物、キーワードなどを指定することで「認知」「興味・共感」「検討」「購買」「使用」「評価・共有」のジャーニーを瞬時に数値化することが可能です。

反響の数値化には意味属性(願望、不確実、進行形・・)を適用、管理者でのチューニングも可能のため、自社に必要な購買体験プロセスの指定、細分化を加えることで意図した反響の初動、その後の感情の移り変わりをモニタリングします。


■見える化エンジンについて

アンケート、コールログ、SNSなどお客様の声となる膨大な情報をテキストマイニングで分析し、生活者のインサイトやトレンドを見える化する

“顧客体験フィードバックシステム”です。

導入実績8年連続日本一を誇る技術、ノウハウで顧客体験の向上においては、生活者の気持ちや認識、さらには感情を購買プロセスや満足感ごとに分析、商品力強化や顧客サービス改善、プロモーションの効果検証などの寄与します。

資料請求はこちら


■本リリースに関するお問合せ先

MAIL:mieruka-sales@pa-consul.co.jp

TEL:03-6432-4029

担当: 望月、住谷

見える化エンジン -information-

業界シェアNO1のテキストマイニングサービス「見える化エンジン」を提供